読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとう

悪口を書かないのがルール。世の中はキレイゴトに向かって進んでゆくのだよ\(^o^)/

ハマ中のリョウ(16)

思い出話

「だってオレたち友達じゃん」

そう言ったのは、僕がヤンキーに絡まれた時に助けてくれた1つ年下の金髪の青年。

友達も何も、さっき会ったばかりだし何で僕なんかを助けてくれたのかも分からない。それでも彼は笑顔で僕に「俺!ハマ中のリョウ!高校は行ってねぇけど顔は利くぜ!」そう言って傷だらけのTWに乗って去っていった。

 

それ以来。僕はできるだけ多くの人を友達!と思うようにしている。友達には嘘もつけないし傷つく事は言えないし出来ない。

まぁ・・クソッタレと感じたら降格だけどね(*^^*)

それでもやっぱり友達が多いに越したことはありませんよね。5年や10年会っていなくても友達は友達やし。

 

はじめてのヤマハTW

はじめてのヤマハTW