読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとう

悪口を書かないのがルール。世の中はキレイゴトに向かって進んでゆくのだよ\(^o^)/

中学の頃、村上春樹さんの小説でヌイた話

注目のブログ記事 独り言

f:id:darudaru8:20150323004920j:plain

こんばんわ。年度末ということで何かと忙しい季節ですね。

桜の開花もアチラコチラで見られ春ってかんじです。

それにFacebookのタイムラインも、子どもの卒園、卒業式の画像で埋め尽くされていますよ。本当にうっとおしい。

 

気づけば僕も25日で30歳になります。しらんがなっ!と言われそうですが、聞いてください。

 

だって僕、、素人童貞なんです。

 

プロとだったら何十人かにお金を払ってヤリました。たいして良い思い出はないです。

 

そんな事よりも、女の子と二人っきりで30分以上話した事もありません。手を繋いでショッピングモールを歩いたことも、花火を見に行ったりもしたことないです。

 

ずっと1人なんですね。

 

ここ2,3年はそんな現実すら感じないように生きています。

 

そしたら、今日はてなブログのオススメでこんな記事が・・・

いつもの村上春樹氏のブログなのですが、

www.welluneednt.com

これこれ!!僕も全く同じように感じていました。

だって本当にリア充しかいないから春樹さんの小説。中学校の時、村上春樹さんの小説読んだ次の日に

夢精してたからねっ!!

なんか煙草ワンカートン鞄に入れた女とバーで出会ってそのままSEXをしたような内容だったと思うんですけど、それだけで無意識的にヌイてました。

 

あっちゃー

 

悲観的にならず自分は自分として生きて下さい!と言われていますが、まぁだいたいの小説で性描写はあるからね。映画だってあるし、

 

いちいち凹んでいたら世の中の娯楽が楽しめなくなります。

解決策は自分の記憶の改ざんしかありません。

 

プロの娘を1人だけ、本当の彼女として記憶に植えつけておけば良いんです。

 

そうだ。そうしましょう。

 

 

風の歌を聴け (講談社文庫)

風の歌を聴け (講談社文庫)